【ゲームの見方がガチで変わる】CGアーティストのお仕事・職場環境について根掘り葉掘り聞いてきた【ゲームさんぽ/サイバーパンク2077×CG①】

0

ゲームさんぽ史上初めてゲーム開発の中の人が登場です。海外のゲームメーカーで働くようになった経緯から、制作現場の基本的なしくみ、意外な苦労や裏話までたっぷり聞いてきました!

ゲームに直接関係のない専門家を連れてくるのがゲームさんぽの醍醐味…かと思いきや、意外とそうでもないかも? 中の人登場でも全然「公式の解説」っぽくはならず、さんぽ感出てますよね(出てますよね?)。

全3回。ゲームに関心がある人ならみんな絶対に知っていて損じゃない、本当に貴重な話がたくさん聞けていると思うのでぜひ最後までお付き合いください!(いいだ)

▽サイバーパンク×CGアーティストシリーズ
②部署ごとの”〇〇予算”、汚して楽しい”ゴミの美学” ほか
9/22(水)18時公開
③無茶振り”アートディレクター無双”! ほか
9/25(土)18時公開

▼ゲストプロフィール
【榊原寛】
CGアーティスト、CD PROJEKT RED所属。「畳部屋」名義でインディーゲームの制作も行い、2018年の『NOSTALGIC TRAIN』は文化庁メディア芸術祭の推薦作品にも選ばれている。下記noteでこれまでの職歴などを知ることができるので、CG業界志望者はどうぞ!
https://note.com/4johan/n/n0ee8311d5e90
▽榊原さんTwitter

▼案内役プロフィール
【編集部 いいだ】
ゲームさんぽ編集部。小学生の時からパセリ好き。

【編集部 マスダ】
ゲームさんぽ編集部。最近パセリが食べられるようになった。

--------------------------

《〇〇のプロと行く ゲームさんぽ》って?
企画の趣旨・経緯についてはこちらの記事をご覧ください!
https://news.livedoor.com/article/detail/17002084/
本家なむさんのアカウントはこちら!
https://www.youtube.com/channel/UCCj7tBSvrrG8_aErflpNgyQ

《お問い合わせ》
企画のご相談・広告のご依頼などは下記のアドレスまでご連絡お願いいたします。
dl_game-sanpo@linecorp.com